メインのコンテンツブロックにジャンプする
晴天
今日氣溫
25 ~ 29
  • 臺南
    AQI
    AQI
    67
    空氣品質指標
    普通
  • 新營
    AQI
    AQI
    49
    空氣品質指標
    良好
  • 善化
    AQI
    AQI
    48
    空氣品質指標
    良好
  • 安南
    AQI
    AQI
    93
    空氣品質指標
    普通
晴天
今日氣溫
25 ~ 29
  • AQI
    臺南
    67
    普通
  • AQI
    新營
    49
    良好
  • AQI
    善化
    48
    良好
  • AQI
    安南
    93
    普通

台南市政府と企業が協力し防疫対策。黄偉哲市長がこの先14日間、外出時は必ずマスク着用を市民に呼びかけ!

 

     敦睦艦隊の感染者が台南市内の多くの場所で行動し、武漢肺炎の感染リスクを高めたことについて、黄偉哲市長は4月21日「COVID‐19(武漢肺炎)一級指揮センター第八回会議」において、この先14日間にわたり外出時はどんな場面でもマスクを着用するように台南市民にPRするよう指示を出した。無症状患者の存在も否定できないために、今後2週間にわたり外出時はマスク着用が必要になる。

 

     黄偉哲市長によると、武漢肺炎の防疫対策は二方面への注意を持続させることが重要。一つ目は敦睦艦隊の案件。更に詳細に感染者の行動履歴の調査を進め、その軌跡を明確にすることによって国民に対する保障を高めることができる。二つ目は既に実施している対策を継続すること。決して対応を緩めることなく、特に夜市及び市場の防疫対策は重要である。

     盤石艦の感染者が台南市内で行動したことを受け、市民の健康と経済活動を守るため黄偉哲市長はただちに新光三越デパートと南紡ショッピングモールへの視察を実施し、消毒や防疫対策の状況について理解した。デパート事業者は積極的に防疫対策を行っており、政府と企業が協力して市民の正常な生活を保障するために全力を尽くすと市長は断言。

     黄偉哲市長は『公共の場でのマスク着用、他人との適切な距離を保持すること、手洗い等を実施することにより安心して外出し買い物等の経済活動が維持できる。』と市民ひとりひとりの自己防衛を呼びかけた。